忍者ブログ

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ユエファ・レィ
性別:
女性
職業:
ストリートファイター×ダンピール
自己紹介:
イラスト作品は、㈱トミーウォーカーのPBW用のイラストとして、yue_rが作成を依頼したものです。 イラストの使用権はyue_rに、著作権は夜神紗衣絵師様に、全ての権利は㈱トミーウォーカーが所有します。

最新CM

[02/04 いちるの後ろ]
[01/13 寅靖(の背後)]
[07/25 寅靖]
[07/19 ユエ(の背後)]
[07/12 狗柳]

最新TB

バーコード

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今治市解放戦

ユエ:
いってぇ…。


忌々しげに見つめる先には、
包帯の巻かれた腕。

――戦争の傷跡

モルモ:
…きゅ~ぅ。


心配そうに覗き込む相方に
なんとか小さく笑顔を作った。

PR

別に、傷は痛くないんだけどね…

TOPが…!!

609f52b5.JPGTOPがこんなのになってました。

ユエ:
モ、モルモ…
モルモ、ちゃんといるよな!?(イグカごそごそ)


さて…等身大にしよっと。

11歳になりました。

最初に届いたのは、綺麗なバレッタ。
モルモとおそろいで、さっそくモルモさんに手招き。
「もきゅ?」っと不思議そうに近寄ってきたモルモさんにそれを飾って
いざ、自分の髪にも飾ろうとして、ちょっぴり困る…。

(こんな綺麗で可愛いの…俺、似合うかなぁ?;)
とか思ったらしい。

なんとか髪に飾ってみたものの、何かちょっぴり照れくさそうに
でもやっぱり嬉しそうに、鏡の中のバレッタを見てたり。


それから、カッコかわいいブーツが届きました。
イグニッション時はもちろん、普段のお出かけにもはきたくなっちゃうブーツ。
さっそく履いてお出かけしようかと思ったけど、
届いたばっかりで、すぐに汚しちゃうのも嫌だなぁ…と葛藤してみたり。
結局、次の日に履いてお散歩にいったらしいとか、なんとか。


それから、モルモさん用のコウモリつけ羽根が届きました。
ピュアでないとつけれない、それ。
ちょうどピュアだったので、さっそく装着してみる。

(SE:テロリーン)
『モルモさんのカッコよさが2あがった。(ような気がした)』

その状態でGTに行ったら、
おそろいになった分、何となくコンビネーションが発動しやすくなった気がしたらしいです。


それから、カッコかわいいチョーカーが届きました。
さっそく着けてみて、モルモさんに「似合うー?」と訊いてみた所
モルモさんは、留め金部分のモラピュアの飾りをちょっぴり不思議そうな顔で見つめてました。
先に届いたブーツと同じ、黒皮のチョーカーだったので、
あわせてコーディネートしようと、服とか引っ張りだしたりしたらしいです。


それから、ハロウィン仕様の目覚まし時計が届きました。
ギミックを凝らした時計が、時の知らせと共に悪戯も届けてくれるらしいです。
今日はどんな悪戯が届くかなぁ?と楽しみで、
あの寝起き最悪のユエさんが、ここ数日はすっきり起きれてるらしいです(笑)


それから、黒猫さん(?)のストラップが届きました。
コウモリの羽根をもった、珍しい黒猫さんのストラップで
さっそく携帯につけてました。
なんとなく、猫変身した主に似てるとでも思ったのか、
モルモさんが黒猫さんを、ちまい手でつんつんしてたらしいです。


それから、シルバーアクセで飾った帽子が届きました。
さっそくかぶってみて、それからモルモにもちょうどいいサイズかも?と思って
モルモさんにかぶせてみたところ…
帽子を気に入ってしまったモルモさんが、そのまま逃亡開始したため
屋内追いかけっこ状態になったとか、ならなかったとか。


それから、ユエの髪色と同じ色の石のお守りが届きました。
どこにつけようかなー?どこにつけようかなー?と部屋中うろうろして
最終的にはお気に入りのバックに付けてました。
黒地のバックに銀の影がよく栄えるし、
なにより学校にもってくバックだから、毎日持ち歩けるので。


それから、GTへの連れ出しもいっぱいあって
GTは本来危険なところだけど、みんなと一緒に何かできるあの空間はユエにとっては遊び場らしく
とても楽しかったらしいです。


届いたメッセージとプレゼントに、幸せ気分ですごした1日。

ちょっとだけ、今日が終わらないで欲しいとか思ったりして…

そんな誕生日。

何やら準備中…

ユエ:
こんなもんかなー…。


ユエの前にはショートケーキが1つ、
いかにも手作りな、デコレーションは特にしていない質素なチョコケーキだ。

モルモ:
きゅー!もきゅー!


ユエの頭上を占領しているモルモは、
はやく食べたいと言わんばかりに、鳴き声を上げてしてしとユエの頭を叩く。

ユエ:
はいはい。ちょっと待ってなー。
ほぃ、あーん…


モルモ:
もきゅー♪


フォークで切り分け口に運んでやれば、モルモが飛びつくようにケーキをほおばる。

ユエ:
うまいかー?


モルモ:
もきゅ!


ユエ:
甘すぎない?


モルモ:
もきゅ!


ユエ:
もっと甘くした方がいいかなー?


モルモ:
もきゅ!

ユエ:
でも甘ったるいのも、ダメだよなー…


モルモ:
もきゅ!

ユエ:
モルモお前…適当に返事してるだろ。


モルモ:
もきゅーぅ?


食べるのに夢中のモルモさんを横目に、どうするかなーとボヤくユエさんなのでした。

咲耶さんの家にて

ユエ:
なー、今日は夕飯ピザにしようぜ!ピザに!

咲耶:
まぁ……いいけど。


今日は咲耶さんの家に泊まるらしいユエさん。
ピザのチラシを広げて、うきうきとピザ選び。

ユエ:
ん~…シーフードもいいけど、テリヤキもいいなぁ。
咲耶は何にするー?


咲耶:
ツナコーン………コーンと、チーズと、生地抜きで。


ユエ:
え゛っ…

ツナオンリー。


*咲耶さんに許可もらって執筆&掲載しています。