忍者ブログ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
ユエファ・レィ
性別:
女性
職業:
ストリートファイター×ダンピール
自己紹介:
イラスト作品は、㈱トミーウォーカーのPBW用のイラストとして、yue_rが作成を依頼したものです。 イラストの使用権はyue_rに、著作権は夜神紗衣絵師様に、全ての権利は㈱トミーウォーカーが所有します。

最新CM

[02/04 いちるの後ろ]
[01/13 寅靖(の背後)]
[07/25 寅靖]
[07/19 ユエ(の背後)]
[07/12 狗柳]

最新TB

バーコード

ブログ内検索

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時を駆ける兎の物語2

エイプリルフールネタのSS、ふたつめ。



貴方の傍に在ることを、許してくれるならば、
貴方が向かうその場所に、必ず私も付いて行く。

許してくれるならば、
貴方を傷つける全ての時から、貴方を守ろう。
例え世界中の全てが、貴方の敵となろうとも。

そしてもし、
ゴーストであるこの身でも、夢を見ることが許されるならば…

クロックラビットには、その進化形態によって、使える時の魔法が3つある。
時を進めること。時を止めること。時を巻き戻すこと。

だがたった1つだけ、人間だけが使える時の魔法がある。

遥か先の時間に夢を見て、その夢の時間を、現実にたぐりよせる魔法。
誰にでも使える訳ではなく、しかし、能力者でなくとも使う事ができる魔法。

主もその1人だった。
ずっと夢見て、そして辿り着いた……星海の畔に。

その時の、主の表情を見る限り、
それが幸せな事なのか、兎にはわからなかったけれど。

その時の主は、今まで感じたことのない空気を出していて、
少しだけ…不安な気持ちになって、思わず主の服の裾を掴んでいた。

思えば、この時に……とめておけば良かった。

例え、主に怒られようとも。
嫌われようとも。

あの人の手を取らせなければ、あの舟に乗らせなければ、
こんな事ならなかった。主の時計は……壊れずに、済んだのに。

主の時計は、壊れてしまった。
もう二度と、時を刻まない。

兎の体が、徐々に薄れ始めた。
やはり自分には、夢を叶える時の魔法は使えなかったのだ。

主の時計が限界まで時を刻み続け、そして…静かに止まる、その時まで
傍に在りたかったけれど…
改変した時の影響で、時計は壊れてしまった。

兎の体も、遠からず消えることだろう。


兎は涙を拭って、時計を掲げた。
誓いを果たそう。

この人が、初めて私に手を差し伸べてくれて、
私が始めて、この人の手を取ったその時に、誓った事を。

主を傷つける全ての時から、主を守る。
だから…この理不尽な時を打ち消そう。どんな代償を負おうとも。

全ては夢と帰して、思い出せなくなってしまうけれど
主は…後悔したのと、同じ道は選ばない。この主ならば…きっと。

…だから、悪夢の時間はここで終わり。



――さぁ、目覚めの時間だ。

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form